クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満

クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満
クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満
クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満

クリュプスグラニュールにまつわる「やせ薬」の話

クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満

『「やせ薬」として効果があるって言われてる色んなものを教えて!!』
ここでは、クリュプスグラニュールから少し派生して、人類が誕生してから、どのように「肥満」と付き合い、どのような
ダイエットをしてそれを解消しようとしたのか?などを中心に考察を進めていきたいと思います。

 

人類の「肥満」に対する考え方とダイエットの歴史

クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満

・原始時代
まだ人間が、成熟した文明を持っていなかった時代。
即ち、石器時代や青銅器時代といった人類の黎明期において、食料というものは安定供給されるものではなく、
非常に貴重であり、時には生命の危険と引き換えに手に入れるものが食料でした。

 

ですから、この時代においては、人類が体脂肪率20%を超えることなど稀であり、もしそれを超えて「肥満」すなわち
太っている人がいる場合には、長寿と健康と豊富な食料の証であり、恥じるどころかむしろ誇るべきことでした。

 

日本の古代の遺跡から見つかる土偶などが、肥満体の女性であったりするのも、ある種「肥満」に対する憧憬から
形作られたものだとされています。

豊作や豊漁の象徴だったのでしょうが、今の時代から見たら不思議ですよね(笑)。

 

「ダイエット」の芽生え

クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満

こうした原始時代の「肥満崇拝」とも呼べるような概念が覆され、「肥満」は、宜しくない、むしろ軽蔑すべき
体型である、と言う風に価値観の転倒が起こったのが、古代ギリシャ時代でした。

 

ギリシャ彫刻やオリンポスの神々などで皆さんご存知のように、『Kalos kaiagathos 』(肉体と精神の調和)というギリシャ哲学、美学
が創出、浸透していったので、筋肉質で無駄な贅肉がなく、均整のとれた肉体こそ美である、という価値観が台頭し、
それに伴って、「肥満」は醜く怠惰の象徴で、軽蔑の対象になっていきました。

 

こうした背景もあり、古代ギリシャでは「医学の祖」とも呼ばれる医者ヒポクラテスによって、「肥満は病気の一つである」
定義されました。

 

こうしたヒポクラテスの学説を引き継いだのが後に繁栄を謳歌する古代ローマです。
特に絶頂期の帝政ローマ時代になると、上流階級(貴族)は飽食に明け暮れるようになり、それに伴って肥満する人々も
非常に増えました。
そして、西暦1世紀になると、人類で初めて体系的なダイエット法やダイエット食品などが紹介されるようになります。
1世紀のローマの学者アウルス・コルネリウス・ケルススの記したダイエット法によれば、

  • 「空腹時に入浴をするとよい」
  • 「運動するとよい」
  • 「嘔吐するとよい」
  • 「下剤を飲むとよい」

など、当時のローマ市民に対して喚起しています。

 

面白いのは、もうこの頃既に、クリュプスグラニュール的な「下剤を飲むと良い」という項目がダイエット法として
採用されている
ことです。

 

 

 

クリュプスグラニュール,評判,効果,肥満