クリュプスグラニュール,効果クリュプスグラニュール,効果クリュプスグラニュール,効果

クリュプスグラニュール,効果
クリュプスグラニュール,効果
クリュプスグラニュール,効果

クリュプスグラニュールがダイエットに効果的なワケ

人間はなぜ「太る」?

クリュプスグラニュール,効果

人間は大抵、男女ともに、成長期の身長が伸びている年齢までは、成長エネルギーが背を伸ばしたり、骨格を大きくすることに
使われるので、あまり贅肉はつかず太りませんが、身長の伸びが止まる年齢以降は誰もが油断すると肥満傾向に陥りやすくなります。
特に中年期以降は、例外はありますが、一般的に多くの人がメタボ傾向が出てきて悩みの種になります。

 

こういった「太る」という現象はなぜ起こってきてしまうのでしょうか?

 

「太る」という現象は、実は物凄く単純明快で、

 

『摂取エネルギー』-『消費エネルギー』=+エネルギー数値(カロリー)

 

の状態が慢性的に続いた場合に起こるのです。

 

反対に、

 

『摂取エネルギー』-『消費エネルギー』=-エネルギー数値(カロリー)

 

ならば、痩せます。

 

摂取エネルギーとはもちろん、食事などで、体内に毎日取込むエネルギー量であり、消費エネルギーとは運動や生活活動で
消費するエネルギー量のことです

 

基礎代謝量

クリュプスグラニュール,効果

上で挙げた消費エネルギーは運動などによる消費だけではなく、人間が生きてること、生命活動に必要なエネルギー量も日々刻々
と消費されます。
この消費エネルギー量のことを「基礎代謝」と呼びます。
これは、わかりやすい概念としては、
「1日何の運動も活動もせず、1日中眠っていたと仮定しても消費される最小限のエネルギー量」
のことです。

 

人はなぜ、特に中年期になるといわゆる「中年太り」傾向にたいていの人が陥るかといえば、この基礎代謝量が、10代の成長期
や20代の青年期の若い時代と比べて大きく減ってくるからに他なりません。

 

基礎代謝は、一般的に30代になると大きく落ちてきます。
30〜50代の人々は、この基礎代謝が減って、消費エネルギーの数値が大きく減ったにも関わらず、食欲だけは20代の頃と
さほど変わらず、摂取エネルギー数値は、若い頃とあまり変わらないのが普通です。

 

なので、『摂取エネルギー』-『消費エネルギー』の引き算は、30代になると大きく+の残留カロリーとなって残り、それが
脂肪に成りどんどん内臓や皮下に蓄積して「太る」のです。

 

『摂取エネルギー』の数値を抑えるクリュプスグラニュールの意義

クリュプスグラニュール,効果

ですから、ダイエット理論の王道としては、まずは、

 

『摂取エネルギー』-『消費エネルギー』=0

 

を目指すことがはじめの一歩となります。

 

これには2つの手があり、

  • 1つ目は、「摂取エネルギー(食事)を減らすこと」
  • 2つ目は、「消費エネルギー(運動や基礎代謝)を増やすこと」

 

ですが、後者は、いきなりはハードルが高いでしょう。

 

まずは前者の「摂取エネルギー(食事)を減らすこと」、これです。

 

ですが、いきなり食事制限はお腹が減って挫折しやすくなります。

 

そこで、オススメなのが1食抜いて代わりにクリュプスグラニュールを飲むという方法です。
クリュプスグラニュールは胃の中でなんと38倍の体積に膨張します。
このお蔭で、食事を1食抜いても、空腹感は凌げるのです。
確実に「摂取エネルギー(カロリー)を大幅にカット」できます。

 

おまけに、バナナ30本分の不溶性食物繊維のお蔭で、腸内環境を改善し、善玉菌を増やし、溜まっていた宿便を排泄
に持っていってくれるので良いことずくめです。

クリュプスグラニュール,効果